金属加工を考えているなら、パートナー選びが重要です。

ロゴ

あらゆるニーズに対応

製造業では、金属加工が欠かせない重要なファクターとなります。家電や自動車などさまざまな製品に金属加工が応用されているのです。

金属加工にまつわる情報を徹底リサーチ!

工場

アイデア次第

金属の加工方法は多岐に渡ります。そこで、どのような方法があるのかいくつかピックアップして、概要を説明していきます。

READ MORE
金属

どのような加工があるのか

作りたい製品のイメージに合わせて金属加工をしてみませんか。アイデア次第で、いろいろなアイテムを作ることができるでしょう。

READ MORE
ウーマン

定番のプレス加工

製造業の現場でよく用いられているプレス加工について、基本的な情報を押さえていきます。量産したい場合は、検討する価値が高い方法です。

READ MORE

新着情報

リサーチしてから決める

製品の出来上がりの良し悪しにも大きな影響を与える金属加工。技術力など事前に加工業者の情報を収集することも大切なことになります。口コミなども参考にしながら、その分野で定評のある業者を探していきましょう。

依頼の流れは

業者を選定する

金属加工業者は全国に多数あります。自社のニーズに特化するような専門性の高い技術を要する場合は、念入りにリサーチをして探すことが大切です。

相談する

何社がピックアップしたら問い合わせをします。要望を伝えて予算や納期などを含めて、打ち合わせをしていきましょう。電話やメールでの相談が可能な場合もあります。

見積もり依頼をする

相談内容を軸にして、見積もりを出してもらいます。複数の業者にコンタクトしている場合は、比較して検討していくことになります。

データを作成

取り引きする業者が決定したら、正式に契約となります。契約方法は事前に確認しておきましょう。依頼する金属加工は、まずは図面をデータ化していきますので、図面をしっかりとチェックします。

製作・納品

図面に問題がなければ、製作に移っていきます。試作が必要な場合は、試作品のチェックなど完成まで何度かやり取りをすることもあります。無事に完成したら、納品となります。

選んで良かった!おすすめの業者ランキング

no.1

コストパーフォーマンスに優れている

リーズナブルな費用で、質の高い製品を納品してくれる業者が人気です。依頼する前には、複数の業者に見積もりを出して、相場をチェックすることも忘れないようにしましょう。

no.2

相談がしやすい

初めての金属加工依頼でも安心できるのが、相談しやすいという業者です。とくに相談窓口があり、専任のスタッフが説明してくれるような業者は、気軽に利用できると評判です。

no.3

豊富な実績

あらゆるニーズに応えるべく、多くの企業と取り引きしている業者が支持されています。豊富な実績があることで、スピーディーで正確な対応をしてくれるといいます。

no.4

サポートが厚い

オーダーに関しては、さまざまな不安や疑問が出てきます。しかし、直接対応はもちろん、電話やメールなどで、きめ細かくサポートしてくれる業者もあります。そうした業者は多くの会社から選ばれています。

no.5

安心の技術力

納品が早かったり、費用が安いからといっても、肝心の技術に問題があれば、取り引きを考え直す必要があるでしょう。やはり技術力に定評のある業者が信頼できます。

疑問を解決してから依頼しよう

図面が無くても大丈夫ですか?

人気の金属加工業者では、図面が無くても対応可能です。担当者とのヒアリングを重ねて、ニーズに合った最適な提案を行なってくれます。

組み立ても任せられますか?

組み立てには、段階があります。一部であれば組み立てを依頼することはできる業者は多いです。状況に応じて変わってきますので、組み立て希望があれば、まずは相談をしてみましょう。

加工方法はどのように選べばよいのですか?

使用する製品によって、最適な加工方法は異なります。まずは出来上がりの製品を想定して、担当者に伝えていきましょう。

試作はできますか?

業者や依頼内容にもよりますが、まずは試作品を作ってもらい、確認しながら進めていくことができます。より精密な製品を希望している場合は、試作品を制作する方がよいといえます。

小ロットでも対応してくれますか?

小ロットでも問題なく受注している業者は多数あります。ロットだけではなく、納品期間や予算の要望に沿って、最適な業者を選ぶことが可能です。

SGS分析なら専門業者に頼もべし
消費者に安全を届けよう

加工方法を知る

メンズ

精度を上げるために

ハイクオリティな製品を目指すためには、まずは設計が重要となります。最近では、データを図面で作成し、専用のプログラムによって加工作業をコンピュータが自動で行なってくれる機械も登場しています。

測定機器

加工された製品を計測する測定機器にもこだわっていきたいものです。高さ、深さ、外径、内径などしっかりと隅々まで計測して、正しく精密な製品になるように目指していきましょう。

工作機械

以前は、人がレバーなどを動かして作業する工作機械がメインでしたが、今は、プログラムと連動して動く機械が主流になりつつあります。

グローバルに広がる

日本の製造業は海外からも熱い注目を集めています。現地にも拠点をおいて活躍している企業は多いです。金属加工を通して、さまざまな製品が世界で取り引きされているのです。

広告募集中