さまざまな方法で金属を活用することが可能です。

ロゴ

種類を知る

金属加工にはあらゆる種類がありますが、大きく分けると二通りの方法が挙げれます。加工された金属部品がそのまま製品になる場合と、金型を金属で作って、いろいろな製品の部品に応用する場合です。前者は、航空機などの部品に代表される金属で、後者は主に携帯電話の部品などに使用されています。

アイデア次第

工場

チタンを加工

チタンを加工して、製品や商品を企画することも人気があります。加工は難しいですが、軽くて丈夫、しかも高級感のあるチタンは、アイデアによってさまざまな物に姿を変えることが可能です。

ステンレス

ステンレス素材で、フィルターなどの特殊な製品を製作する場合もあります。スレンレスも加工は簡単ではありませんが、錆びにくいため人気が高い素材です。

アルミでロボット

ロボット製作の現場では、アルミを使用することが多いといいます。軽くて強度もあるアルミは、加工がしやすいという点が大きな特徴です。

広告募集中